→ Subscribe


Browsing Tag »社会人の勉強«

大人は賢く勉強をする →  4月 25, 2010 0

ある資格の受験勉強をしてやろうと思い、効率のよさそうな勉強方法を調べてみた。 下記の本の内容を、ざーっとまとめてみよう。 Amazonでなかなかの高評価の本。 ■1章 あせりをうまく使え すべての人間は使命を持って生まれてきており、その使命を果たすために必要な力が、生まれつき与えられている。つまり、本人が使命感より心の奥底から望んだことは必ず実現するのだ。 自分にキチンと暗示をかけよう。自分の深層心理を具体的な言葉にしてみよう。 集中力を最高に高めるのは、自己暗示。 自己暗示は弱点克服に役立つだけでなく、能力全般の向上と開発に強い効果がある。 自分の心に火をつける言葉。 自分の行動が変わる言葉、行動に移せる言葉、行動が増す言葉。 念の強さは行動の変容を促す。 あなたは何のために勉強をするのだ? どうなりたい?なぜそうなりたい?なぜ? よけいな自我を切り捨てて、ひたすら形の中に自分をはめていく。 自分を否定し、否定しきって、なお最後に残るのが、仏教でいう「真の自己」。 ピカソは「目に見えるいっさいのムダを切り捨てて、最後に残ったものが新の芸術である」と喝破したという。 それらにより、自分はどのように具体的に行動するのか?を語る。 毎日、3時間、これとこれとこれを学ぶ。 それは、なりたい自己を手に入れるため。 集中力のつけ方。 呼吸法:呼吸を整えることで、集中力を高める。 時間設定法:終了時間などを設定する。 自己暗示法:集中する言葉を自分にかける。 大きな目標を、より細かく具体的にする。 そうすると、1日にやらなければならない量は「たったの少し」。 教材は少なく厳選すること。 厳選した教材をもとに計画を立てる。 本を読むとき、必ず目次にたんねんい目を通すのと同じで、 まずは全体の流れをつかむために、その教材が何章あるのか?とつかむ。 月間、または週間の計画表を作る。 作ったのち、「何ができたか?」「何ができなかったか?」を一目瞭然にできる項目を加える。 「これだけやったんだ」という達成感も味わえる。 1日やるべきことは? より明確な目標が、強い集中力を生む。 頭は30分ほど経つと、疲れてくる。集中力が落ちる。 それを生かした上での【時間設定法】は集中力を高めるもっとも効果的な方法。 締め切りを強制的に決める。 プレッシャーで眠れない夜、早く眠ろうと考えるほど、眠れない。 精神に過剰なプレッシャーをかけると、交感神経が強く刺激されてしまい、 (交感神経は自律神経である)セルフコントロールがきかなくなる。 なので、逆にその状態を受け入れることが重要。 また、勉強中に雑念が出た場合、も同じく受け入れるべき。 「ながら勉強」がおススメ。 英会話を聞きながら、数学の問題を解く、など。 こうすると、雑念を雑音で相殺できるだけでなく、後ほど英会話を聞いた際にも、 スイスイと頭に入りやすくなる。 どんな時でも大切なことは、自分を「だめだ」と否定しないこと。 勉強が計画通り進まなかった場合、計画の未達成部分を嘆くよりも、 達成部分を誇るべき。 部屋の掃除は心の掃除。 観葉植物などの自然な緑色は、心も体も癒してくれる効果がある。 クラシック音楽は、能力開発に役に立つ。 不安の解消、記憶力の向上、集中力強化、自信をつける、ための曲など、 さまざまな実験で効果が検証されている。 ■2章 長時間の損に気づこう [...]

Back to Top ↑