→ Subscribe


Browsing Tag »ボツ案«

ぜんぜんおもんない情報 平成22年 →  7月 23, 2010 0

ぜんぜんおもんない情報。 一回も笑ったことない。 勉強がてら。 ●●平成22年度の重点項目●● 1.景気対応緊急保証 信用保証協会が一般の保証枠とは別枠で債務保証。 制度の期限は2011年3月31日。 2.セーフティネット貸付制度 業種を問わず、中小企業は7億2千万円、小規模企業4800万円 3.ものづくりに取り組む中小企業への支援 法的措置や予算措置、金融措置などを行う「中小ものづくり高度化法」に基づき、 経済産業大臣の策定した特定ものづくり基盤技術高度化指針に合わせて 研究開発を行う際、さまざまな支援 4.戦略的基盤技術高度化支援 ものづくり基盤技術(製造関係の技術)の高度化へ向けての研究開発を支援。 5.中小企業応援センター 経営支援機能を補完・強化する。2010年から新たに設置。 ●資金繰り支援 1.景気対応緊急保証 信用保証協会が別枠で債務保証を行う制度。 全業種対応。主な支援対象要件は以下。 最近3カ月の売上、売上総利益、営業利益が前年同期比3%以上減少。 2.セーフティネット貸付制度 業種を問わず、中小企業へ最高7億2千万円、小規模企業へは4800万円の範囲内。 所要の要件を満たせば、金利減免の措置。 3.劣後ローン貸付制度 期間一括償還型。法的倒産となった場合、貸付金の償還順位をほかの債権の劣後させる。 毎年の決算に応じて金利を変更する仕組みで、金融検査上「自己資金」とみなすことが可能。 日本政策金融公庫が、創業や企業再建の取組に対して、劣後ローン融資を行っている。 4.中小企業金融円滑化法による支援 民間金融機関へ。できる限り、貸付条件の変更を行うよう努めること。 2009年12月4日に施行。 5.流動資産担保融資保証制度 中小企業の在庫や売掛債権を担保として融資。 信用保証協会が債務保証を行う。 6.マル経融資の拡充 商工会・商工会議所などの経営指導員が経営指導を行うことによって、 日本政策禁輸公庫が無担保・無保証人で融資。 1.貸付限度額を1000万円から1500万円へ。 2.貸付期間を、運転資金は5年以内から7年以内に。設備は7年以内から10年以内に。 3.据置期間を、運転は6か月から1年に。設備は6か月から2年に。 ●技術開発促進への支援 1.中小企業ものづくり基盤技術の高度化に向けた総合支援 中小ものづくり高度化法に基づき、指針に沿った研究開発を経済産業大臣が認定する。 認定された中小企業に対し、戦略的基盤技術高度化支援事業や、 日本政策金融公庫による低利融資、特許料の減免など。 2.戦略的基盤技術高度化支援事業 中小ものづくり高度化法の認定を受けた中小企業が対象。 ものづくり基盤技術の高度化などに向けての研究開発を支援。 事業化までを視野に入れ、試作段階までを対象とする。 3.新製品・新技術の試作開発や販路開拓への低利融資 特定ものづくり基盤技術を活用し、新製品・新技術の試作開発および販路開拓に対し、 日本政策金融公庫が低利融資を行う。 4.中小企業技術革新制度(SBIR)に基づく支援 中小企業新事業活動促進法に基づき、新技術開発のための特定補助金等の指定、 [...]

Back to Top ↑