→ Subscribe


Browsing Tag »パチンコホール«

パチンコ業界っておもしろい →  4月 23, 2010 0

しごとをきっかけに、調べてみた。 15店舗以上のパチンコホールでバイトしてたころの やたら金持ちだった大学生時代を思い出す。 そのときの将来の夢は、 「パチンコホールを設立する。」 ■パチンコ業界に関する考察 ●市場全体の動き レジャー白書 5000円 http://www.jpc-net.jp/leisure/ 低貸玉営業店は09年末時点で6241店舗。前年の1049店舗から一挙6倍近く増えたことを報告している。 ●同業他社の動き KYORAKUモバイルホール が同社公式携帯サイト内にオープン。 パチンコ実機アプリを提供。 新コーナーではまた、メダルを集めて「ぱちんこ王」を目指す段位システムや、専用通貨“ゼブラー”を用いた景品応募メニューも用意された。 段位は出玉数に応じてプレイヤーに与えられ、はじめは「ぱちんこ初心者」からスタート。出玉が10,000発を超えると銀メダル、50,000発を超えると金メダルを手にできる。集めたメダルが増えれば増えるほど段位がアップするという仕組みで、最高位の「ぱちんこ王」にはさまざまな特典がつく。 『KYORAKUモバイルホール』で実施されるさまざまなイベントに参加すればお馴染みキャラ“アバター”(分身)をマイページに設定できるメニューも追加された。 ●パチンコの経済学(書籍)より パチンコは、国民の参加率は14.3%。年間平均約30回来店。 平均12万円超の費用。1回あたり4000円超。 パチンコは数字のトリック。数字で興味を持たせる。 また、法則崩しの意外性の演出に長けている。 セブン機(フィーバー機)により、技術性が下がり初心者層が増えた。 パチンコは4円、スロット20円が貸す際の上限。 お客が常時いく店は、3点ほどに限られる。地域4番目以下の店舗は経営が厳しい。 フィーバー機とCR機により、射幸性が高くなった。 パチンコ市場は、1980-95年で約6倍に 1991-96年で約2倍になった パチンコ人口は、ピーク時の3150万人から半減以下の1400万人となった。 売上は、30兆から約22兆と減った。 1円パチンコにより、稼働率があがり、利益率が上がっている店が多い。 (新規、流動的な顧客が増えているとも思われる) また、景品の等価交換の徹底の通達(警察から)が広がっている。 営業所数は減っているのに、設置台数は増えている。 店舗の大型化が進んでいる。 ギャンブル純損失(日本)の3分の2近くはパチンコ。 ギャンブルの純損失がGDPの1%を超える国は日本くらい。。 1円パチンコにより、ライトユーザーが戻ってくる。 ゲームセンターで楽しんでいるユーザー層などがターゲットだと思われる。 パチスロの貸メダルを低くし、一般景品としか交換させない、というような方法もある。 2004年7月、遊技機の規則改正が行われ、特にパチスロの射幸性の抑制が厳しくなった。 5号機が完全に普及した2007年からパチスロ離れが顕著になっている。 2006年5月から改正風俗営業適正化法が施行され、罰則も強化され、細部の指導が徹底された。 18歳未満の入場禁止、従業員名簿の整備、ハンドル固定の禁止、射幸性を煽るチラシ表現の規制、景品の実用品の品揃えなど。 レジャー白書によると、今後パチンコユーザーは減少する。 減少する大きな理由は、加齢効果。 一方、増加するのはビデオ鑑賞、音楽鑑賞、スポーツ観戦、パソコンなど。 パチンコユーザーの50歳代以上の比率は、35.6%と高い。 1945年前後生まれの人が多い。 この層を離さずに、いかに新しい若い顧客を捕まえるか?が課題。 アメリカのカジノと比較した場合の問題点 (1)工場から出荷された遊技機の性能にホール側が手を加えることは、犯罪行為。 (2)行き過ぎたリーチ演出とその繰り返しは、ギャンブル依存症の温床となる。 そのほか、カジノには技術介入性がなく、みなが公平な確率のもとで運を競うことができる。 技術介入とは 1.技能型=継続的な努力と経験に裏打ちされたスキル(釘読み、目押し、リプレイはずしなど) [...]

Back to Top ↑