→ Subscribe


Browsing Tag »アーティスト«

やりとげる力/ スティーブン・プレスフィールド書籍のまとめ →  2月 4, 2013 0

↑ 石膏の鉛筆デッサン:約12時間 ※本書籍とは関係がありません。 筆者は、ロサンゼルス在住の作家であり脚本家である。ベストセラー作家としての地位を確立するまでの、苦悩と挫折の長い道のりの経験を含めて、本書に記されている。 ===== クリエイター・アーティストにとって「作品に着手する勇気。 そして着手後も、周囲からの評価を得られなくてもやり抜く力」 というのは、非常に大切だが、実際は想像以上に難しいことだと思っている。 周囲から、自分が想像している程の評価を得ることなんて、ほんの僅かな場合のみだ。 そんな壁に負けずに、表現やもの作りが好きな人は、とことんやり抜いて、 最終的に素晴らしい作品をこの世に生み出す。生み続けることをやってもらいたい。 自分や、自分以外の表現・もの作りを続けて行きたい人たちにとって、 とても良書だったため、要約を記載します。 ※一部、キリスト教的な世界観は理解しづらい箇所もありましたが、ある程度共感はできました。 ===== 筆者は、創造性最大の敵を「レジスタンス」と称している。それをそのまま各所で引用しよう。 レジスタンスとは、ものごとを始めようという気持ちの障害となるすべての要素を指す言葉。 フロイトが語った「Death Wish=死の望み」と同じだ。 人間に内在する、意識的または無意識的に他人や自分の死を願う気持ちを意味する。 大変なのは、書くことそのものではない。 書くために机の前に座ることが大変なのだ。 ■レジスタンスの影響を最も受けやすい行動のリスト 1、文章を書く、絵を描くなど創造性を必要とするあらゆる芸術的な行動や活動。 2、あらゆる種類の起業精神、あるいはベンチャー企業を起こそうという気持ち。 3、ありとあらゆる政治的、道義的、人道的行動を起こす勇気。私たち自身に内在する、無価値な思考や行いを正そうとする決心も含む。 4、逆境と戦いながら、毅然とした態度をとり続けること。 レジスタンスは執念深く、強情で、疲れを知らない。最後の細胞ひとつまで叩きのめしても、まだ攻撃の手を緩めない。 レジスタンスは、攻撃することしか知らない。 戦いを挑むなら、自分かレジスタンスのどちらかが息絶えるまでたたき続けなければならない。 恐れの感情を克服しなければ、レジスタンスを克服することはできない。 レジスタンスが止めようとするのは、下から上への流れ(向上)だけである。 ゴールラインが視界に入ったとき、それが最も危険な場面。 レジスタンスは最後の一撃に持てる力のすべてを込めて抗ってくる。 ■■第一部:敵を知る■■ ■レジスタンスとは? ぐずぐずした態度、それはレジスタンスの典型的な形。 作曲はするけど、明日から始めよう、そういう態度だ。 ぐずぐずした態度が致命的なのは、習慣化するからだ。 レジスタンスは時としてセックスやセックスに纏わることという形で現れる。 セックスだけでなく、ドラッグや買い物、マスターベーション、テレビ、噂話、アルコール、糖分・塩分を含んだ食品も レジスタンスによる誘惑が具体化したものである。 神経症、常習的遅刻、近隣トラブルなど不自然な手法で注意を引こうとするのはすべて、レジスタンスが形になったものだ。 仕事を第一に考えて生きている人間は、それらトラブルはすぐに解決し、芽を摘み取る。 うつと不安神経症は、本当の病気かもしれない。しかし、これさえもレジスタンスになり得る。 医師の見解によると、取り扱う症例の70-80%は、身体的健康状態とは無関係であるという。本当に病気の人はそう多くない。 自分を被害者だと思う気持ちは、すべて活動的な意思と正反対に位置する。今すぐに正すべきだ。 レジスタンスに囚われると、愛を感じられず、自分を愛に値しない人間なのではないかと思い込む。 何事にも嫌気がさし、自分自身という存在に辟易する。 プロのアーティスト、クリエイターは、自分の中で湧き上がる革命を自分なりの形で表現するのが務めだ。 我々が、一部の既得権者層による消費文化の圧制から逃れることができるのは、 そのような創作活動によるものだけだ。 創作活動によって、一方的に刷り込まれたプログラムに打ち勝つことができる。 他人を批判する気持ちは、レジスタンスから生まれるものかもしれない。 自らの人生で自己実現している人は、他人を批判しない。 ある仕事を行うのに感じる恐れが強ければ強いほど、それがなされるべき仕事であると確信できる。 プロのクリエイターやアーティストは常に多くの恐れと対面している。 [...]

Back to Top ↑