→ Subscribe
イチローはかっこいいか?? →  8月 22, 2005 0

イチローはかっこいい、と言われる。 もちろん、顔じゃない。 「野球一筋で、ナンバーワンに登りつめた、そのスタイル」が、だ。 と、ヒゲが、だ。 イチローが幼少期から野球漬けだったことは、有名な話だ。 めっさ古い例えでも許されるなら、それこそ「巨人の星」レベルだ。 もしかすると、野球以外のことは何もできないのかもしれない。 右クリックでゴミ箱に入れることにかけては、オレの方が上なのかもしれない。 なるべく上にはなりたくない。 一つのことを、超職人級まで極める。 男なら誰でも一度は憧れるスタイルだ。 あのみんなの憧れの的、キン肉マンも超人選手権で優勝している。 それをモノ創りや表現に重ねて考えると、 「ギター一筋の男」とか「キャッチコピーだけを15年間作ってきた」 みたいなことなのだろうか。 それとも、 「デッサンの技術に関しては誰にも負けない」 「誰よりもアクションスクリプトをよく知っている」 「舞台演出にかけては、オレの右に出る奴はいない」 なのか? オレにはやっぱり腑に落ちない。 モノ創り(=クリエイティブや表現制作)に関しては、 そういった『ジャンル』を絞ることが、一途で素晴らしいことなのか?? 『ジャンル』を超越してしまう奴は、浮気者で大成しないのか?? どうも納得できないのだ。 これはよくある議論だと思う。 だが、オレはよくある結論には賛同していない。 笑いで世の中を風刺しながら、最終的には映画で世の中を表現していく。 ギターで人気を博しながら、後世にはプロデューサーとして人材を輩出する。 小説家としてデビューをし、ある転機の後は演出家として感動を生む。 オレは、『モノ創り、表現そのもの』について、こだわりたい。 その時々で、最適な表現手段はバラバラであるが、 『表現する』ということにおいては全てが同様のモノなのである、 と思っている。 その根っこの部分にこだわり、 表現全体を作り上げていきたい。 表現手段の技術を練磨していきたいわけではない。 オレは技術者ではない。 創作者でありたい。 もちろん表現手段によっては、 年輪を刻み込まなければ手に入らない、 技術の習熟=表現の深み という図式が成り立つ表現手段もあるだろう。 オレの場合、一つの表現技術が定着してしまったら、 逆にその表現技術を捨て、新たな表現方法を模索したいタイプだ。 (かっこいい!) 予定調和だけで作品が進行されることほど、悲しいことはない。 無刺激だ。 (ドラッガーか?それともパンチドランカーか?) それでもやはり達人クラスの表現技術が必要な場合は、 その道の匠を探し出し、納得いくまで互いに話をし、 ◎オレが表現したいことを表現するための匠の技 ◎匠が試したい技を出世させるためのオレの表現 という相乗効果以上の関係性を作りあげた上、 最高の表現として世に出して生きたいところである。 [...]

おれたちの茅ヶ崎合宿 →  8月 19, 2005 0

夏休み企画第2弾、茅ヶ崎合宿。 海 → 呑み → 海 → 花火 → 呑み という極めてシンプルな流れで糸冬 了。 このブログ、意外と多くの人が読んでくれてるらしいので、 すっかり仕事を忘れていたことは、 書かないでおこう。 さぁ、 茅ヶ崎で仕事ができることも証明された。 次は、沖縄合宿やな。

夏!屋形船企画! →  8月 10, 2005 0

屋形船企画 実施! 7月最終週。 誰もが隅田川の花火だと思ったその日。 浦安の花火を見ながら、屋形船。 結構おもろかったで。 来てくれた人たちもおもろかった、と言うとった。 ま、そりゃ目の前ではそう言うわな。 参加してくださった皆さん、ありがとう。 また来年も(・∀・)人(・∀・)

余計、やばくなった →  8月 4, 2005 0

今や時効だから、書かせてもらおう。 オレらが中学の時、チャリ通(=自転車通学な)は 禁止だった。 でも、禁止されるからこそ、チャリで学校に行きたくなる。 これこそ、中学生らしい健全な発想。 でも、オレらの学校の先生たちも偉い。 オレらの一歩先手を打った。 自分らの生徒の名前が書いているチャリがあれば、 全部撤去してまう。 ハッキリ言って、面倒くさかったやろうな。 でもまぁ、これがまあまあ功を奏する。 チャリ通の数が激減にぃっ! とか朝礼で言うとったわ。 だから、オレらはそのうち、パクったチャリで登校するようになる。 自分のチャリやと、リスクが大きいからな。 頭、ええやんっ! その日も、同じ団地の奴と2ケツで登校。 体格差から言って、オレが後ろに乗っていた。 すると、後方から突然 『ウォーーーーン、そこの二人乗り、止まりなさい』 というサイレン音が。 前でチャリをこいでいた奴が言う。 「やばいやんけ! お前、はよ、おりろや。」 オレもちょっと焦って、飛び降りる。 オレらは、2ケツで捕まれば、 そのまま窃盗でも捕まるのだ。 ちょっとやばい。 オレがチャリを降りたのは、橋の上。 チャリを運転していた奴が、 『やばいやんけ、かじわら~』 とオレの名前を呼ぶ。 (おい、お前何、名前呼んでんねん!このボケが) チャリを運転していた奴は更に、 何を思ったのか、 チャリを持ち上げ、 ほんで 橋の上から⇒川の中へ、 そのチャリを投げ込んだ。 ドボーーン、、ブクブク。。。 動揺していたんやと思う。多分な。 でもな、 どう考えても、警察の前で 「2ケツしていたペクチャリを、川の中に投げ込む」 っておかしいやろ?? オレは、 めっちゃ笑けて、走られへんかったわ。 危うく、逃げられへんくて、オレだけ捕まってまうとこやったわ。 ま、100歩譲ってそりゃええわ。 オレも自業自得や。 でもお前、 せめてな、 「かじわら、はよ逃げろやぁ。」 って、 何回も実名を呼ぶんは、やめてくれや。実名は。 [...]

創作者の卵たちの民主主義 →  7月 23, 2005 0

オレが連れとともに会社をはじめようと決心したのは 今から5年前。 何もできない若造ながら、 心に秘めた希望と野望は、 南国育ちのムエタイ戦士以上のアツさを誇っていた。 今や各種オーディション番組や、投資番組が一般的と なったため、 新鮮さこそなくなったが、 それらとは本質的に目的の違った 『創作者の卵たちの民主主義』構想を考えていた。 何やねんそれ? 宗教か? 半分ハズレで半分アタリである。 まず 言い古されたことだが、日本では物質的な豊かさはほぼ完全に 飽和されている。 自分の納得のいく「ブランド品」の購入だって 「ブランド品が醸し出す付加価値」を購入しており、 物質的なモノを購入しているわけではない。 このような傾向は、今後も更に急ピッチで加速される。 つまり、 モノ作り日本 ⇒ 面白く・かっこよく・感動させる日本 への転換自体も必要となってくるくらいの 大きな社会的な変化・進化だ。 そのような時代を迎えるに際し、 または『そのような時代を創っていく』に際し、 若い創作者の卵が 「生まれ、そして育つ」 社会的な体制が必要なのだ。 思想又は感情を創作的に表現して文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの というのが、 著作権法が定義する「著作物」である。 この著作物=創作物をもっともっと世の中に増やすことが必要なのである。 それ以上に、それを作る「若い創作者の卵」を増やすことが必要なのである。 なぜなら、 創作者を目指す側にも「夢」が生まれれば、 創作物を見たり感じたりする側にも「夢」が生まれるからである。 だから、 『創作者の卵たちの民主主義』 が必要なのだ。 『創作者の卵たちの民主主義』 とは?? ひとことで言うと、 「文芸、学術、美術、音楽」を志す若者のための 「投資市場」の形成 のことである。 既にオリコン(株)が「ミュージックファンド」なるものを 創設しているが、それとは一切関係ない。 提唱している「エンタテイメント ファンド」という発想とも 似て非なるものである。 投資市場であるが、投資する側は 「利益が出そうだから投資する」 のではなく 「好きだから、もしくは応援してやりたいから投資する」 [...]

ジム化計画 →  7月 17, 2005 0

サンドバッグ(スタンド付)・・・15,000円 グローブ・・・10,000円 ミット・・・5,000円 ダンベル・・・3,000円 なわとび・・・1,000円 トレーニング後のデニーズでの武勇伝会・・・プライスレス 意外と安く、部屋をボクシングジム化できるな。

いろいろなチャレンジ(1) →  7月 9, 2005 0

うちの会社は、他の会社がやらなそうな、 新しいことに、どんどん益々チャレンジをする。 邪魔すんなよ! 最近、社会的常識だけを礎に、 オレらのコンテンツに口出しをしてきている媒体屋の君ぃ。 これ以上調子に乗って、クソおもしろくない意見ばかり 振りかざしてくるようだと、、、 本気で干すぞ。 君の人間性や社会常識なんて、全く無視してやったるからな。 オレは作ることに対し、そのような妥協は許さない。 わかったか? 以上。 有限会社百花、夏のイベント2つ、決定! ●茅ヶ崎合宿(8月8日~10日) メンバー全員で海近合宿。 仕事をしつつも、花火大会、サーフィンなどにチャレンジ!! 夏は夏らしく、自らを解き放てっ!そして制作。 ●大学生インターンシップ受入(8月下旬から予定) たまには身内の役にも立とう! 大学3年生のインターンシップ受入。 受入2週間で、本人がサイコーにはっちゃける作品を作ってもらおう。 ●屋形船企画(7月か8月予定) テンション上がる! 詳細は全くの未決定。 どうする?? もう一度言う。 広告屋のくせに 「社会的常識」や「無難な落しどころ」「他社の事例」 などからしか『企画やクリエイティブ』を考えられない奴、 人間的こだわりや、遊び心、挑戦心、向上心が 全く感じられない作品は、 後続するクリエイター、創作者のために 早めにこの世から消えてください。 もしくは、クリエイティブ作業には一切 関わらないでください。 でなければ、いつまでたっても 「広告=邪魔で計算高いだけのモノ」となり、 広告は誰にも見られないモノになってまいますよ。 広告クリエイティブは、面白いモノ、かっこいいモノ、興味深い指摘があるモノ、 でなければならないのです。今こそ。

タバコ 吸い続けたるわ。 →  7月 2, 2005 0

生まれて2回目の救急車。 半笑いながらも、ほぼ酸素が吸えない状態。 でも、半笑い。 テレながらも「ちょっとオレ、かっこいいんちゃうか?」 と自負し、自ら写メ。 しかも、オレの家は救急病院から徒歩2分くらいの至近距離。 「ウィーーーーン、ウッ、、、、あれぇ・・・(゜ペ)?」 もっと叫びたかったかもしれない。救急車は。 アホ。そう簡単に、甘やかせるかえ。 もう病院に到着やっちゅうねん。 口から、鼻から、たくさんの管で酸素がオレに運び込まれる。 去年は、尿道結石になり、 「アルコール、特にビールは控えてください。」 と医者から忠告をされていた。 今回は 「タバコは自殺行為だから、辞めてください。」 とのこと。 まぁ、突然に深い発作やったからな。 何か忠告くらいしたくなるやろ。医者も。 更に、 『なるべく、ハンバーグを毎日食べてください。』 『基本的には、コーラを一気飲みしてください。』 『カキ氷には、断る理由がない時は、必ず練乳をかけてください。』 というような注意事項を受けたことはない。 飲食物関係の注意事項は、 大体が「嫌がらせ、ひがみ」から来ているのかな、と思う。 オレほどおいしくハンバーグを食べる奴はいない、 ところを顧みてもその可能性は高い。 今、会社には数人のメンバーたちがいる。 今回の件でも、かなり迷惑をかけた。(自意識過剰) かなり心配をさせてもうた。(重度の自意識過剰) はよ、復活したらんとあかん。(ちょっとは空気を読めるようになるといいね。) はよ復活しな、抜かれてまうんや。(._・)ノェェェェェ もちろん 「オレはタバコなんか吸い続けたるわ。 たまには水に溶かして、飲んだるわ。 天気のいい日は、特にな!」 と言いながら、 確実にタバコを止めようと思い、 禁煙セラピーの本を、むせながら買いに行ったオレ。 初夏の午後は、かれい臭の汗をかく。

電車内の恐怖(2) →  7月 1, 2005 0

前回に続く第2弾。 電車内の恐怖。山手線。 新宿から乗ったとき、 オレらの正面(対面)に座っていたロン毛。 何日も洗髪していないこと、明白なロン毛。 固定的な居住地を持っていないこと、明白なロン毛。 だから、荷物はとても多い。 『とっても大きな旅行バッグ』が、 パンパンに膨れ上がっている。 ふと彼の大量な荷物が、 電車の傾きにより、 『とっても大きな旅行バッグ』 から溢れ出しそうになった。 大事に集めたのであろう、衣料品の、 多少砂黒い小山が、崩れそうになったのだ。 彼は少々慌てながら、 『とっても大きな旅行バッグ』の ジッパーを締めた。 「チャーーーッ」っと勢いよく。 しかし、 チャックは空しく音をたてただけで、 金具同士を組み合わせるリーダーシップなど 持ちあわせていなかったのだ。 うん、潰れていた。チャック。 そう、荷物はそのまま、 何事もなかったかのように、周囲に散乱した。 特に、誰も盗む気配はなかった。。

かわいい年功序列 →  6月 26, 2005 0

電車内、ファミレス内、病院内、 は、おもしろい。 もし、テレビの芸人のギャグや クラスで一番おもしろい奴のギャグでも 笑えない日は、 是非、さっそうと授業を抜け出し、 電車内へ駆け込み乗車をしてほしい。 もしくは盗んだバイクで走り出してほしい。尾崎。 最近、うちの社員とそんな話になった。 この説は、 大阪だけでなく、全国共通なのである。 ってか一般常識である。 今日はPRIDEの日である。 オレはあの日、 久しぶりに関西へ帰省していた。 京阪電車という電車に乗り、 大阪淀屋橋から枚方市へ向かっていた。 オレは運良く、座席にすわることができた。 オレの正面の座席には、人のよさそうなお爺が座っていた。 気持ち、腹話術の人形のようだが、カワイイ系なお爺である。 緩やかな春の日差しが心地よく、 そのせいか、 おじいちゃんは気持ちよさそうに、うたた寝をしていた。 まさか、永遠の・・・? と何度か周囲を心配させてしまうくらい、 おじいちゃんをうたた寝させる、 そんな穏やかな夕刻だった。 枚方市駅まで後10分程度。 そろそろ寝屋川市駅か。 電車が少々強めのブレーキを踏んだ。 オレは眠たかったし、 あまり気にはならなかった。 が、 油断していたオレが悪かったのだ。 そこには、 既に、 「笑いの神」が君臨していたのだ。 オレがうっすら眼を開けた瞬間、 おじいちゃんが、 年功序列で言うと、 先頭軍団を小走りでリードする役のおじいちゃんが、 ブレーキの勢いで 座席から 「ぴょんっ」 と落ちてしまい、 座席の前に(=車両の床に) 礼儀正しく、 正座をしてしまっているではないかっ!!! しかも落ちた弾みで、 ちょっとだけ、スーーーッと オレの方に、すべり寄ってきたではないかっ!! さらに、、、 落ちた拍子に眼を覚ましてしまったのか、、 ちょっと潤んだ瞳で オレを見つめている・・・。 [...]



Back to Top ↑