→ Subscribe
人類最激戦区 →  9月 26, 2007 0

その日は、たまたま1人でジムに行った日だった。 いつもは、偏差値が低くて、1本1本のひげの間隔がやたらせまくて、 もりざねっていう名字で、頭髪の衰退がインドのIT請負産業の成長な 奴と(=著しい奴と)一緒に行っていた。 オレは、仕事でよいアイデアが思い浮かばないときは、 ①東海道線に乗って、茅ケ崎-横浜間を往復する。(SUICA減らない) ②夕方のファミレスに寄って、高校生のギャグが自分のギャグより、おもしろくないことを確認する(もしくは、危機感を感じながらも、そう思い込む) ③ボクシングジムに行き、一番よく音が鳴る サンドバッグだけを叩く。 ④現実から目をそむけ、ひたすら寝る。結構、寝付きはよい方である。 のどれかを実践していた。 その日は、③を選んだ。 そろそろ、ジムの中でも初心者の域からは脱していた。 「回数券から、月謝制に替えたほうがいいんじゃないの?」 と事務担当者(=ボクシングジム会長の母)からそそのかされるほどの 腕前か、見込み客かのどちらかになっていた。 特に、夕方の時間帯は ●プロ候補生はいない(=も少し後の時間帯にならなければ、現れない) ●昼間の社会人がつかれて帰る ●あたまの悪そうな小学生やパンチドランカー候補生の高校生がパラパラいるだけ という、回数券ボクサーにはもっとも都合のよい時間帯 であった。 回数券にひけ目を感じることのない、スローライフでecoな時間帯だった。 その日も、 さそり座の占いは 「できるだけ外出は控えて!昔の友達に連絡するのは吉◎」 にも関わらず、 オレはボクシングジムへ出かけた。 まちがいなくサムライである。 なぜなら、昔の友達には連絡をしていないのだ。 おれはジムにつき、テーピングを巻いた。 巻き方は、 未だに覚えていないが、 今さら他人に質問するわけにはいかない。 まぁ、いい。 どうせいつも、シャドーボクシングの最中に ドクター中松のくつバリに、ボヨヨーンと出てくるのである。 テーピングによる ロケットパンチである。 今日はつかれたし、もう眠い。 後編はいつか書きます。 おやすみなさぃ。

20歳になったら、やめるモノ! →  5月 19, 2007 0

最近、よく聞く。 「オレ、20歳になったらタバコやめるわ」 「大丈夫 私、20歳になったらタバコやめるもん」 という成人記念の禁煙宣言。 ほめたくなるが、やっぱり1回叱っておきましょう。 「コラっ、はたち!」 20代の男は今、ほぼ全員が言う。 「タバコを吸う女は、どんなにかわいくてもダメだ。」 自分たちのことを棚にあげて。まるでテレビのヒーローかのように。 そんなやつは、怪人ドクダミソウの最後の捨て身の攻撃を受けて、一緒に崖の下にでも消えていってほしい。 「ドクダミ、アターーック」 いずれにせよ、大人になってちょっと賢くなるからこそ、タバコをやめよう!という以前とは全く逆の現象が起こっている。 なら、もう1つやめるべきモノを提案してみよう。 それは、ドラマ。 テレビドラマを観ること。 「今度、月9で沢尻と長澤が共演するらしいから、観なあかんな。」 「月曜、用事入ってもうたから、ビデオ予約しとかなあかんな。」 「予約すんの忘れてもうたから、誰かに借りなあかんな。」 「あいつらの会話で、ほぼ今回のストーリーわかってもうたやん。」 「5話からみ始めるんも何やから、レンタル出るまで待たなあかんな。」 「あ、ドラマ借りるはずやったのに、結局エロだけ借りてきてもうたやんけ。」 こんなに、6回も挫折する可能性があるのが、ドラマだ。 1回も挫折なくクリアするやつなんて、いるのか? そんな大人なやつがいるのならば、さぁ君こそ今すぐドラマを観るのをやめてみよう。 「『約束がちがうじゃねーかよ』って、普通に生活してたら一生言わんな。」 「動物のことでそんなに大泣きすんのに、ようマクドナルドでバイトできんなっ」 「そこでハッキリさせんでええやんけ、『行けたら行くわ』でええやん」 ドラマは、ツッコミ放題である。 1時間もじっくり見ていたら、もう下あごがガックガクして取り外し可能になってしまいそうだ。 マンガがドラマ化されたやつなんて、その危険性はついにチェホンマンを超えた。 「え??ゾロ、そんな声!?めっちゃ高いやん」 「ルフィ、大人すぎひんか?」 とか、多分、イヤだ。 おかしく感じるのは人物だけじゃない。 「そんなに薄暗い空を映したら、急な夕立が降らん方がおかしいやん」 「なんでお前はそこまで丁寧にあらすじを説明してくれんねん」 とか、どうしても状況を説明する表現が、ベタになってしまう。 なぜか?というと、表現にうとい主婦やおっさん層、もしくは分かっていない子供層など 正直、そういう感覚の鈍い人たちが、テレビのその時間帯のメインターゲットだからだ。 テレビのプライムタイム(19~23時)を一番よく観ている視聴者は、「友達のいないOLだけだと思っていいよ」というのは、オレが広告代理店で勤務していた時の、某キー局の営業担当者の弁。 だから、そのような人たちに「分かりやすく」「批判が出ないように」表現しなければならなくなる。カンタンに言うと、表現に対して低レベルな人たち向けに、きわめて安全なレベルに下げなければならないのだ。 「窓際のベッドで、点滴が絡まった細い腕がかすかに動いた気がした。」 という原文をテレビドラマ向けに映像化したら・・・ オレがテレビドラマのディレクターだったら想像するだけで「えーーー!微妙すぎるやん、勘弁してや」と思うと思う。そうじゃなかったとしても「この表現は省こう」と英断してしまいそうだ。 そう、テレビドラマの場合、それを「誰に対しても」「わかりやすく」「安全に」表現しなければならないという使命があるのだ。しかも制作期間も予算も少ないという制約もある。 書籍での場合、その一文で表現されることは「人それぞれで」「自分の想いを反映させて」「他人を気にせず無限に」であると思う。 「窓際のベッド」により、小学生時にケガで入院したことを思い出す人もいれば、「細い腕」で病弱なおばあちゃんを思い出す人がいてもいいと思う。「動いた気がした」なんて、特に人それぞれな想像をしてもよいだろう。極端なことを言うと、他人に言えないすごいことを想像してもいいのだ。 幼い頃は、漢字自体が読めなかったり、文字を読むとすぐ寝てしまっていたり、想像力が膨らまなくて、読書は本当におもしろくなかった。読書をするやつとは、一生仲良くなれないんじゃないか、とすら思っていた。 だから、オレに子供ができたとき「読書をすすめる際」には、いったい子供に何のウルトラマンをプレゼントしたらいいのだろう?今から悩む。 前述したとおり、読書を楽しむためには、読んだ言葉から「何か」を想像するための力が必要となる。想像をする力に必要なことは、自ら感情を動かされた「経験や体験」。それらを多く持っていなければならない。子供にはまだそれが少ない。だから、基本的に子供に読書は向かない。 その子供に対して、想像を膨らまさなくてもストーリーが伝わるようにするためのものが、映像でありマンガの絵であり、ドラマなのだと思う。 中学生の頃、好きなテレビドラマの翌日には、クラスではしゃぎまくった。 内田有紀の役に、勝手にクラスの気になる女子を抜擢していたものだ。 しかし、徐々にテレビドラマを観れない体質になってきた。 自分の頭の中の想像の映像が、テレビでO.A.される映像とズレてきてしまい、テレビドラマを見ても「こんなシーンありえへんやろ?」となってきてしまったのだ。 [...]

今年もっとも働いていたとき →  12月 12, 2006 0

あいつら2人のどっちかやと思うで。お前のマヨネーズ飲んだん。

今月号の表紙 →  12月 12, 2006 0

ひさびさの投稿

いまいくん伝説 →  5月 9, 2006 0

おれの大好きな友達に 「いまいくん」という友達がいる。 とにかく、愛着がもてる。 とにかく、お人よしでマイペースである。 とにかく、引越のときにはいつも手伝ってくれた。 ただし、他人の話を聞いているフリをして 全く聞いていない のプロである。 年齢は1コ上なのに、オレには敬語を使ってくれる。 おれはタメ語でしゃべってるから、 何だかちょっと気が引けるので、 よくこういう。 「いまいくん、敬語つかわんでええで。 まじでこれからタメ語でしゃべってや。」 お人よしな今井くんは 「うん。 わかりましたっ。そうします。 はいっ。」 とすかさず 声高に「YES」を主張。 もうお分かりだろうが、 返事の第一声目から、さっそく敬語なのである。 「敬語つかわんといてな」という依頼に対して 「わかりました」なのである。 今井君の実家には、 めっちゃカワイク、人懐っこい犬▼・ェ・▼が飼われていたらしい。 もう今は亡くなったらしく、 今井君が、そいつの生前を懐かしみ、 語っていたことがあった。 「もうホンマ、めっちゃ可愛かったんですよ。 見知らぬ人にも、すぐに懐きますしね。」 ・・・・回想シーン・・・・ ある日、 今井君ちに 親戚一同が集結していたらしい。 今井君のおじいちゃんだけ、 体調を悪くされ、 奥の居間で 寝たきりだったらしい。 体調がよい頃のおじいちゃんには、 ポチ(仮名:さっきの犬)が 相当な勢いで 懐いていたらしい。 ポチにとっては、 「一番遊んでくれて、やさしいご主人様」 だったのが、おじいちゃんなのだろう。 で、マイペース集団 今井家の集い、 宴もたけなわな頃、 みなが集まっているところに、 あの人懐っこいポチが登場したのだ。 しかし、 何と、 何と、登場したポチは、 口の周りに、大量の血のりをつけた状態だったのだ。 でも、無邪気にしっぽを振っている。 何事もなかったかのように。 この、人懐っこいポチが。 [...]

固定金利で金を借りて、株と土地と外貨建て商品を買うな! →  4月 20, 2006 0

5年後にお金持ちになる「資産運用」入門  っていう本の広告と 電車の中で遭遇した。 運の悪いことに。 おれにはよく分からない。 正直、ほんとうに興味がない。 が、昨年くらいなのだろうか。 日本でも資産運用が見直され、個人投資家が増えてきたのは。 おれも、知人や友人から質問されることが多くなった。 「カジくんも株やってんの?」ってな。 個人が、何か新しいものを生む企業の「その方針や商品」に 賛同すること。 そしてその個人の資産を投資することは、非常によいことやと思う。 そのおかげで株価が上昇し、日本経済も明るくなってきているんやから。 有用な事業が世に出るんやから。 「あの企業、なぜだか応援したくなるわ。」 「あの商品やサービスは絶対無くなって欲しくないから。」 「あいつ、ギャグはおもんないけど、ええ意気込みを持ってるから。」 とか、そんな理由。 本来、他企業の株を買う理由は、こうや。こうあるべきや。 実際、今の日本の株ブーム(ライブドアショックで少しは懲りたか?)は どうや? っつーか、「5年後にお金持ちになる『資産運用』入門」 そんな本が売れている状況、 おかしいやろ? ようく考えてみましょう。 大丈夫、軽~い、マイルドセブンの1mmより軽い そんなオレの脳みそでも 理解できる内容やねんから。 人間が知恵や勇気やアイデアを出して、 他人が喜ぶための「何か」を生み出す。   ↓ その「何か」が実際に喜ばれ、 他人から「お金」という対価がもらえる。   ↓ その「お金」を元手に、更に新しい「何か」を生み出そうとする。 更に喜ばしたろう、っていう前向きな意思。 ※その「何か」はモノだけでなく、サービスなど無形のものも含まれる。 もちろん、笑いなど付加価値を生み出すための「ギャグ」なども含まれる。   ↓ その「何か」を作るためには、非常に莫大なお金が必要となる、とする。 その場合はじめて企業は「株」を流通させ、市場から「お金」を集める。 — おれの、 「企業と株」に対する認識は、ざっとそんな感じや。 ってか 以上だけや。 間違っていたら、バシガツッとクレームが欲しい。 分かるよな。 現在の「株と土地と外貨建て商品」を無為に流通させている 状態の「キモさ」が。 「他人を喜ばせるための商品やサービス」 を生み出すことなく、 「株を発行してお金を集めようとする」 ことは、絶対におかしいやろ? [...]

●音楽でサンテレビデビュー した →  2月 25, 2006 0

「気~が~狂~い そ う NO NO NO NO NO NONO」 BLUEHEARTSは、やや簡単に気が狂う。 オレらがバンドを始めたのは高1の時やった。 初めてやった曲が、このBLUEHEARTSの「NONONO」。 ハッキリ言って簡単やったから。 他にやってたんは、 ・SEX PISTOLS ・MISFITS ・RAMONES とかちゃうか。 パンクの人たちは、ホンマに簡単な曲を作ってくれる。 そういう意味でもあの頃の、ヤンチャな若者のバンド人口の増加に 貢献していたんやろう。 オレらは「モテたい」からバンドを始めた。 誰も口には出さなかったが、 そういう意味では気持ちが一つやった。 それから、Metallicaをやり、NOFXをやり、 HiStandard、Lifeball(知らんやろな)、Operation IVY(RANCIDの前身) などをやった。 でも、モノ足りんかった。 コピーはモノ足りんかった。 というか、思ったほどモテなかったから、モノ足りんかった。 「コピーはモテへんのちゃうか?」 「そうやな、オレらがモテへんわけないやんけなぁ」 ということで、オレらは大学に入ると 『モテへん理由を、コピー曲に責任転嫁しオリジナル曲をやる』 ようになった。 「コピーやってる奴なんか、アホやで」 「きっしょーー、コピー?サムーー。しばくぞ。」 その当時のオレらの合言葉。 一番サムかったのは、オレらのオリジナル曲でのLIVEやった。。 でも、大阪の八尾でやったLIVEでは、 サンテレビという神戸のテレビ局で、O.A.された。 もちろん、たったの5秒。 しかも、他のバンド目当てで収録に来ていたテレビ局の人たちが、 たまたまオレらを映しただけやった。 K-1やプライドで言うと、 出場選手紹介の際に「直近の試合のKOシーン」などがよく流されるが、 その中で『KOされている(=ボコられている)選手』役で オレらのバンドが使われていたんちゃうか?と思う。 けど、オレらのバンドは間違いなく、 「テレビ局が目当てにしていたバンド」 より盛り上がっていた。 めっさ盛り上がっていた。 なぜかというと、 客はオレらの連れ(友達)ばっかりやったから。 今では当然なことやけど、 当時は、 日本のバンドでも「メロコア」や「スカコア」のバンドなら、 歌詞は『英語』だと決まっていた。 でも、オレらの場合は違うかった。 [...]

プライバシーマーク取得 【済】 →  2月 25, 2006 0

まずはココ↓ http://privacymark.jp/list/clist#hi 「だいたい8ヶ月くらいじゃないですかね。」 プライバシーマークを取得した、 と伝えると、8割方、取得までにかかった期間を聞かれる。 その時に 寝グセ丸出しで、 半開きの口からマヨネーズをはみ出させながら、 俺は冒頭のように答える。 8割方の人に聞かれるんやったら、 そろそろおもろい答え方を考えとかな あかんやろ? ほんまに俺は、夏はあせも、冬は笑った瞬間に唇の端っこが切れる ほどのアホや。 大石さんのおかげ様で、 ほぼ最短期間でプライバシーマークを取得できた。 コンサルティングに頼んでいる会社も多いやろうけど、 いらんぞ!コンサルとかいらん!ほんま。 もし、最短で取得したい会社さんがいれば、 http://imfr.jp に連絡ください。 コンサルします。 あ うそ。ほんまに取りたいという、 中小零細の軟弱極細企業(まぁうちみたいな)がいれば その旨言うてください。 効率よく取得できる裏技 をお教えできます。 で 大石さんとは、以前に勤めていた会社の上司であり、 あらゆる面での先輩でもある。 営業的思考、クリエイティブのノウハウ、仕事を進める際の考え方、 そして甘いもの大好き、更に不摂生な生活による成人病(みたいな)、 あらゆる面での大先輩である。 尊敬をしなければいけない。 大石さん、 少しは運動をしてください。 大石さん、 ↓投票してみてください。 ●これ、うちの会社 http://imfr.jp

パーカの帽子の部分、ひっくり返ってるん何とかしろや →  1月 28, 2006 0

9月に61キロあった体重が 今52キロ。 その差、9キロ。ガキ1人分。 週に3回、1時間走っている。 ダイエットなんて単純や。 と思ったら、なんか体調が悪いらしい。 内からやせたぞ!何か北斗の拳的でかっこいい。 ●これ、うちの会社 http://imfr.jp

他人のパクり →  12月 17, 2005 0

誰でも、こんな経験があるんちゃうやろか。 友人「おまえなぁ、知ってるか?  卵をな、電子レンジであっためようとしたらな、  絶対あかんぞ。  爆発しよるからな。  おまえやったら、やりかねへんからな。気いつけよ。」 って。 気を遣ってくれてありがとう。 確かにオレは極度の面倒くさがりや。 ご飯を食べるのが面倒くさくて、っていうか噛むのが 面倒くさくてやせたのは、茅ヶ崎市内ではオレくらいやろう。 ありがとう。 卵を電子レンジで温めるんは、後でレンジの中を掃除するんが 大変そうやから、絶対やめとくわな。 ほんま、ありがとう。 って。 ちょっと待て、このハゲ! おい、コラぁ。 その情報を、お前に教えてやったんは、 「オレ」や!! 「まじで?ウソつくなや。」 とか本気でビックリしてたやんけ。お前。 な、ビックリさせたんはこのオレやろ?? もちろんネタ素は、探偵ナイトスクープやけども。。。 ほんま、ビックリするわ。 恥ずかしすぎて、突っ込むことができんと、 「ふーん、ほんまか。わかったわ。」 とか気のない返事をしてもうたわ。 残業代がでえへん40歳の中間管理職か?オレは。 自分が教えてあげた情報を、 その教えてあげた相手からその翌日に、 その情報を使って説教をされる。 この「自動復習効果」により、 ちょっとした気恥ずかしさとともに、ハイレベルな記憶の定着が期待できます。



Back to Top ↑