→ Subscribe
かばかばん →  9月 14, 2008 0

かばかばん。

発明 その1 →  9月 14, 2008 0

今年、おれらのブランド「ピクピクニクニック」のサイトに 書き込んだこと、もったいないからココにも書く! あなたは、長男ですか?長女ですか?まさか、次男じゃないですよね??われらがピクピクニクニックは、研究に研究を重ね、 「兄弟構成から、そいつの性格をぜ~んぶ見抜く!」 という偉業を達成いたしました。   この研究成果は偉大で、イグノーベル賞もんなので、もちろん全パターンは掲載いたしませんのであしからず。 (全パターンわかってヘンだけちゃうん?っていうあなた、 その辺にしときなさい。 図星じゃないですかっ。) んじゃ、早速あなたの該当箇所を【熟読】してください。 この研究結果は個人的な意見ではないので、梶原やピクピクニクニック(株式会社百花)の知り合いの人たちは、気を悪くしないでくださいね。エヘヘ。デヘ。プハッ。 ●兄弟(姉妹)の1番上で、長女のあなたは!!!  ※ほんで、弟がいるっていう人限定ですが。(いきなり限定)  結論からいうと、かなりタチの悪い人です。  フツー長女なんだから、  「しっかりしている」とか思ったでしょ?  そんなことありません。  なぜか、妹キャラになります。  弟にも、呼び捨てでよばれます。  結構、ともだちには人気があります。いっつも誰かと遊んでいます。  けど、発言内容は薄~~く、気軽にうすっぺらいことをよく言います。  基本、金づかいはあらいです。  って感じで、姉なのに妹キャラになってしまうんです。  【弟がいる姉 = 妹】  これ、何度も繰り返して、頭に叩き込みましょう。   ●兄弟の1番上で、長男のあなたは!!!  ※限定なし!  このタイプは、ま、想像されている像に近いですね。  いわゆる、内弁慶な銀行員orプロジェクトマネージャータイプ。  仕事や人付き合いは、かなり上手にこなします。  銀行員のように数字にも敏感で、プロジェクトマネージャーのように  進行管理や費用管理(ま、時間にキッチリとか、ひそかに貯金してるとか)  は得意です。  ってか、その辺キッチリしたがるタイプ。  勉強もよくでき、学者にも多いタイプ。  で、会社とかともだちからはそこそこ信頼感あります。  けど一旦 家に帰ると、まぁ~キレたりします。  かなりの内弁慶さんです。  わがままで、理不尽な一面ももっています。  他人を否定することについては「悪い」という気持ちは、ほぼ皆無です。  まれに、「上記の要素のうちの『よい部分』」がまったく抜け落ちて、  何をやってもグズグズなタイプもいます。  このタイプの兄ちゃんに、しばかれている弟の連れを、大勢見てきました。 ●兄か姉がいる、弟なあなたは!!!  ぶっちゃけ、ここは過大評価してるヤンケ!っていう意見が多発しています。  いえいえ、我らは客観的な研究機関です。  過大評価なんてするはずありませんし、ましてや  私利私欲に走ることなんて、あり得ません。  たとえ、ピクピクニクニックのメンバーが全員  「兄か姉がいる弟(か妹)」だとしても、  実際そうなのですが、  たとえそうだとしても「弟のことダケをよく言う」  なんてしません。  われわれはソフトでストイックな、おしゃれ修行僧 のような研究機関です。  さ、弟というと名前が出てくるのは、  「北野 武」 [...]

ま、ええわ。 →  9月 6, 2008 0

吠えていた昭和会展、 完全に!完全に!落ちました(・◇・)ゞ まだまだ日本最高峰レベルとなるには 修行が足りんかった。 方向性もちゃうかったが、気迫なしな絵になっていた ええ機会。 ←昭和会展 出品作品。 次は、上野の森美術館大賞展=Website。 たぶん、入選なんか間違いなし。 入賞します。

今年の2月の頃 →  8月 12, 2008 0

今年の2月頃、パーカーデザイン用におこしたイラスト。 農耕デザインというラインを作ろう! と。 モデルはうちの学。 と昭和時代のなんかの写真。 この頃はまだ絵が下手。 今、8月25日締切の作品を描いている。追い込み。それとココイチの出前以外は何もしていない。 どんだけうまくなったか、 をここで発表します。 昔は職人が嫌いやったが、 おれは今、職人。 絵を描くことが楽しくて仕方ない。

ちょうしよい →  7月 2, 2008 0

Tシャツデザイン用の絵を描いた。 10分後、できあがった。。

しむちゃん →  7月 2, 2008 0

しむちゃんの店のために、 勝手にキャラみたいなのを描いてみた。 缶バッジにしようと思っていた。 缶バッジは3cmくらいだった。 してみた。 小さすぎて、ゴキブリみたいになった。 ゴキブリ!! 逆に、焼き鳥屋にピッタリなんじゃないか、と思った。 いや、それ、悪ノリ。 あきらめた。 一応、しむちゃんに送った。 何かに使ってくれ! 顔は湘南。身体は焼き鳥。 SODのエロDVDのタイトルじゃないよ。 こいつは陽の目を見ないだろうな、と思った。 ここで社会人デビュー。 鵠沼とか、江ノ島とか、藤沢とかに行く人たちは、 必ず立ち寄りなさい。 湘南ハイテンション酒飲みの若人が集うリゾート店。 酔すい 藤沢店。 クーポン?あるに決まってんじゃん! ↓↓ ぐるぐるなびなび 酔すい

おばあ →  5月 21, 2008 0

病院も、ネタの宝庫である。 電車に負けず劣らず。 午前中のファミレスとは、よきライバル関係だ。 今日おれは、骨折が完全に治っているかどうか 確認するために病院に行った。 なんか、やたら人気の病院らしく 早朝の9時から20人以上の長蛇の列。 「これは、かなり待たなあかんなぁ。」 と思った。 予想通り、2時間くらい待った。 おれの横には、 おばあちゃんが座っていた。 白髪で、かなりちっちゃいおばちゃん。 何か、いっしょうけんめい本を読んでいる。 チラっと見た。 「アルツハイマーを予防する方法」 って書いてあった。 ページのタイトルに。 「あかん、ちょい切ない」 と思った。 それから30分ほどたって、おれは診察に呼ばれた。 診察が終わって、おれが席に戻ると おばあちゃんは大分読書を進めていた。 おばあちゃんは、不意に本を落とした。 おれはかわいそうに思い、すぐに拾って 本を渡してあげた。 おばあちゃんは俺に礼を言った。 それからまた本を読み始めた。 おれはページをチラ見した。 大分進んでいたはずなのにまた、 「アルツハイマーを予防する方法」 から読み始めていた。 あかん、、 もうすでに アルツハイマーを予防できてへん。。 読んだこと、もう忘れてんねんから。。 ちなみに、前回は 看護婦さんがだれの名前を呼んでも、 毎回、 返事をする おばあちゃんもいた。 「高木さん」 「はいっ」 「山中さん」 「はいっ」 「マツダさん」「はいっ」 実際は、何さんだったんだろう。

梶原家 →  4月 21, 2008 0

1つのことをくどく何回も言います。 おれ、新人賞を受賞しました。 人展というやつ公募展で。 受賞の後、母から手紙をもらいました。 「がんばって子育てをしていたことを誇りに思わせてくれて、ありがとう」と。 もちろん、俺は絵を描くことが好きだ。 小さい頃から好きだった。 でも、それだけが理由ではない。 今、絵を描いていることの。 うちの大視が言っていた。 「芸大や美大に行く子は、子供のころに落書きをしても 怒られなかった子たちである」と。 俺は物心ついた時から、仮面ライダーなどを 描きまくっていた。 もちろん、怒られなかった。 怒られなかったどころか、俺の絵が好きなことを 見かねた母に、幼稚園入園前から、 美術館に連れていかれていた。 小学校入学後は、母がわざわざ 小学校の先生に頭を下げて、 俺に絵画を習わせた。 毎週日曜には、父が車で絵画教室まで 送り迎えをしてくれた。 絵画教室と言っても、実は書道教室であり、 その書道の先生が、俺にだけ「絵画」を教えてくれていたのだ。 書道を習いに来ていた子たちは、 不思議そうな眼で、俺を見ていた。 人見知りだった俺は、まったく話しかけることはなかった。 でも、絵を描ける、絵がうまくなる楽しみがあったので、 そんなことはまったく苦にはならなかった。 小学校の夏休み明け、 おれは毎回、必ず表彰をされていた。 子供の絵画コンクールで、いつも入賞をしていたから。 そんな俺だったが、中学入学後は強がったり、悪ぶったりして どんどんと絵を描くことから離れていった。 そう。 俺は絵画については、まれに見る「英才教育」を受けてきた。 ただし俺は、その英才教育をまったく生かすことなく 現在に至っていた。 2年ほど前、ふと母が言った。 「今度、絵を描いてプレゼントしてや。」 俺は絵を描ける自信はなくなっていた。 そんなとき、会社の大視が習い事について、 迷っていた。「Web系のスクールに行くか、絵画に行くか」 俺は大視に便乗して、おれも習いにいくことに決めた。 普通、美大を出ている人間は、デッサンができる。 でも俺は、できなかった。 俺の学科の入試は、デッサンはなく、色鉛筆と色彩構成だけだったから。 基礎から始めた。 1年くらい経って、初めてデッサンではなく、着色も含めた絵を描いた。 その絵は今、俺の神戸の実家の玄関に飾られている。 母へプレゼントしたのだ。 なぜ母が、おれに「絵を描いてくれ」と、突然言ったのか? 俺は色々と考えた。 結果、俺は俺が持つすぐれた能力を、最大限に世に出していくことに決めた。 [...]

■ニュースの途中ですが。。。 →  3月 19, 2008 0

梶原信次、 身長は160のとらわれ宇宙人クラスですが、 はじめて横幅が清原級の絵画を描きました。 で公募展に出品したところ、 なぁ~~んと、 新人賞とやらを 手中に収めました。 日本人物画協会 ほんまに嬉しかったデス。 みんな、よろこんでくれた。 会社のやつらも、必要以上に喜んでくれた。 まじ、あれは必要以上のリアクションやった。 ぶっちゃけ、バカにされてたんやと思う。 コラーーーー! はじめての大型絵画挑戦で、 いきなり新人賞。 ぶっちゃけ、 天才? 天才? かもしれません。 今のうちですよっ。 おれのことを「チビハゲデブ全部もってんな!」呼ばわりできるのも。 植えますワ。盛りますワ。吸引しますワ。 残念やったナァ!! 今年のテーマは、作品を出し続ける。 これで波に乗り、3つの大型作品を創ります。 ぶっちゃけ、軒並み、賞をとったりますワ。 未来のわが子と百花のやんちゃタチへ お前の能力はすげーぞ。 けど、先におれが、お父さんが道を切り拓いたる!

ラジオに登場 →  2月 28, 2008 0

渋谷のマークシティ4階で ラジオ番組の公開収録をした。 オレが(・◇・)ゞ 後ろにスカジャン着た学がいた。 めっちゃ笑っとった。 何回も振り返ったけど、笑ってないときなかった。 笑うタイミングは、俺のトークとはまったく関係のないタイミングやった 約30分の番組。 おれらのブランド、ピクピクニクニックの紹介。 予想以上に楽しめた。まじ。 ほんまかよくわからんけど、周りからの評判もよかった。 セッティングしてくれたワニブックス北川さん、ソードフィッシュ小田さん、 スカジャンの学、 それと俺、 ありがとう!(●´ω`●) 学、今日はリバーシブルスカジャン、ピンクの面で着てくれてありがとう! 都内にあんまりおらんよな、そんなやつ。 番組中、 パーソナリティの木夏リオさんがえー感じでバンバン話進めてくれるから、 おれも木夏さんの語尾にかぶる感じでしゃべった。 ほんじゃ木夏さんもおれのケツを食う感じで続けてくれる。 まじ、サンキューベリー木夏さんです。 話は転がり、最終的にディレクターさんにかなり 巻かれてた。それはそれでここちよいなー でも、事前に用意していたネタは 結局ほとんどお蔵入り。 笑いにガッツクと、シモネタになってまいそうやったし。 次回に反省点を残した。 次回こそは、レギュラー番組を獲得したい



Back to Top ↑