→ Subscribe


Browsing Category »クス笑« Follow This Topic

→  8月 4, 2005 0

今や時効だから、書かせてもらおう。 オレらが中学の時、チャリ通(=自転車通学な)は 禁止だった。 でも、禁止されるからこそ、チャリで学校に行きたくなる。 これこそ、中学生らしい健全な発想。 でも、オレらの学校の先生たちも偉い。 オレらの一歩先手を打った。 自分らの生徒の名前が書いているチャリがあれば、 全部撤去してまう。 ハッキリ言って、面倒くさかったやろうな。 でもまぁ、これがまあまあ功を奏する。 チャリ通の数が激減にぃっ! とか朝礼で言うとったわ。 だから、オレらはそのうち、パクったチャリで登校するようになる。 自分のチャリやと、リスクが大きいからな。 頭、ええやんっ! その日も、同じ団地の奴と2ケツで登校。 体格差から言って、オレが後ろに乗っていた。 すると、後方から突然 『ウォーーーーン、そこの二人乗り、止まりなさい』 というサイレン音が。 前でチャリをこいでいた奴が言う。 「やばいやんけ! お前、はよ、おりろや。」 オレもちょっと焦って、飛び降りる。 オレらは、2ケツで捕まれば、 そのまま窃盗でも捕まるのだ。 ちょっとやばい。 オレがチャリを降りたのは、橋の上。 チャリを運転していた奴が、 『やばいやんけ、かじわら~』 とオレの名前を呼ぶ。 (おい、お前何、名前呼んでんねん!このボケが) チャリを運転していた奴は更に、 何を思ったのか、 チャリを持ち上げ、 ほんで 橋の上から⇒川の中へ、 そのチャリを投げ込んだ。 ドボーーン、、ブクブク。。。 動揺していたんやと思う。多分な。 でもな、 どう考えても、警察の前で 「2ケツしていたペクチャリを、川の中に投げ込む」 っておかしいやろ?? オレは、 めっちゃ笑けて、走られへんかったわ。 危うく、逃げられへんくて、オレだけ捕まってまうとこやったわ。 ま、100歩譲ってそりゃええわ。 オレも自業自得や。 でもお前、 せめてな、 「かじわら、はよ逃げろやぁ。」 って、 何回も実名を呼ぶんは、やめてくれや。実名は。 [...]

→  7月 1, 2005 0

前回に続く第2弾。 電車内の恐怖。山手線。 新宿から乗ったとき、 オレらの正面(対面)に座っていたロン毛。 何日も洗髪していないこと、明白なロン毛。 固定的な居住地を持っていないこと、明白なロン毛。 だから、荷物はとても多い。 『とっても大きな旅行バッグ』が、 パンパンに膨れ上がっている。 ふと彼の大量な荷物が、 電車の傾きにより、 『とっても大きな旅行バッグ』 から溢れ出しそうになった。 大事に集めたのであろう、衣料品の、 多少砂黒い小山が、崩れそうになったのだ。 彼は少々慌てながら、 『とっても大きな旅行バッグ』の ジッパーを締めた。 「チャーーーッ」っと勢いよく。 しかし、 チャックは空しく音をたてただけで、 金具同士を組み合わせるリーダーシップなど 持ちあわせていなかったのだ。 うん、潰れていた。チャック。 そう、荷物はそのまま、 何事もなかったかのように、周囲に散乱した。 特に、誰も盗む気配はなかった。。

→  6月 26, 2005 0

電車内、ファミレス内、病院内、 は、おもしろい。 もし、テレビの芸人のギャグや クラスで一番おもしろい奴のギャグでも 笑えない日は、 是非、さっそうと授業を抜け出し、 電車内へ駆け込み乗車をしてほしい。 もしくは盗んだバイクで走り出してほしい。尾崎。 最近、うちの社員とそんな話になった。 この説は、 大阪だけでなく、全国共通なのである。 ってか一般常識である。 今日はPRIDEの日である。 オレはあの日、 久しぶりに関西へ帰省していた。 京阪電車という電車に乗り、 大阪淀屋橋から枚方市へ向かっていた。 オレは運良く、座席にすわることができた。 オレの正面の座席には、人のよさそうなお爺が座っていた。 気持ち、腹話術の人形のようだが、カワイイ系なお爺である。 緩やかな春の日差しが心地よく、 そのせいか、 おじいちゃんは気持ちよさそうに、うたた寝をしていた。 まさか、永遠の・・・? と何度か周囲を心配させてしまうくらい、 おじいちゃんをうたた寝させる、 そんな穏やかな夕刻だった。 枚方市駅まで後10分程度。 そろそろ寝屋川市駅か。 電車が少々強めのブレーキを踏んだ。 オレは眠たかったし、 あまり気にはならなかった。 が、 油断していたオレが悪かったのだ。 そこには、 既に、 「笑いの神」が君臨していたのだ。 オレがうっすら眼を開けた瞬間、 おじいちゃんが、 年功序列で言うと、 先頭軍団を小走りでリードする役のおじいちゃんが、 ブレーキの勢いで 座席から 「ぴょんっ」 と落ちてしまい、 座席の前に(=車両の床に) 礼儀正しく、 正座をしてしまっているではないかっ!!! しかも落ちた弾みで、 ちょっとだけ、スーーーッと オレの方に、すべり寄ってきたではないかっ!! さらに、、、 落ちた拍子に眼を覚ましてしまったのか、、 ちょっと潤んだ瞳で オレを見つめている・・・。 [...]

→  6月 10, 2005 0

大阪府枚方市。 オレが中・高と育った町だ。 枚方パーク以外は何もない。 いや正確に言うと 枚方パーク以外にはヤンキーがいる。 立ち●便後、手を洗わずに たこ焼を焼いてくれる たこ焼屋もいる。 毎朝、6時半になると 風呂の水を流したときの最後にでる「ゲロゲロー」という音 みたいな大声で付近の住民を 起こしてくれるおやじもいる。 念のために補足をすると、枚方市とは日本にある市だ。 inフィリピンではない。 そんな町でオレは、 中学の入学式の当日から、先生や先輩が 思いっきりヤンキーにしばかれるのを 目の当たりにすることができた。 血が出てた。ピュッと。 血ってあんな出方すんねんやぁ。 体育の時間に、 先生「今日は田んぼ周り3周な!」 生徒「え~、田んぼ周り2周でええんちゃうん?」 先生「あかん、お前らの先輩んときは田んぼ周り5周やってんぞ。」 体育の時間に「田んぼ」というワードと 5回以上も接することができた。 その田んぼ周りには 梅雨時期、まるで「本格肉まん」のようなカエルが、よく死んでいた。 自転車で踏まないようにするのは、結構なハードワークだった。 そして近くの団地にはチンピラや輩が大量に居を構えており、 オレの友達はよく、夜中のバイトにつき合わされていた。 フロムエーとかに載っている「ド短期。超高給バイト!」より はるかに短時間で破格のバイトだったようだ。 団地内にある「カブ(=緑と白色の新聞配達などで使うバイク)」を 盗んでは、東南アジア系の奴に売るというのが使命。 オレの友達は何度か参加していたのだが、 ついに『隣に住むおっさんが、先週に買ったカブ』 をやることになったそうだ。 めっちゃでかいチェーンでカギがしてあったらしい。 厳重な警戒ぶりだ。 購入直後のテンションの高さが手に取るように感じられる。 オレの友達は それを、それよりも更にでかいハサミで勢いよく裁断する、 という芸当を身に付けさせられていた。 勤勉な中学生だ。 日本の先行きも明るい。 そのカブをトラックの荷台に積んだ後は、 目隠しをされるそうだ。 車の微妙な揺れも手伝って、ほんのりうたた寝を味わえるらしい。 まぁちょっとした薬物を臭わされていたんやろうけどな。 目隠しをされて約1時間後、 初めてそいつの耳に聞こえてきた言葉は 「コレ、ヌスンダンジャナイダロネ??」 「盗むか、ボケ。はよ、金払えや」 という異国情緒あふれたやり取り。 [...]

Back to Top ↑