ゲームってアヘン。

5月 6th, 2010 @ 梶原 信次

0


ゲームってアヘン。

最近、読書の備忘録ばっか載せて、
「梶原って意外と、常識的で努力家ですよ」
というアピールに成功した(した?した?)ので、

バイアスのかかった、個人的な意見をちょい。

ペラガールキャラ・ロゴ

もの作りをしている人とか、
若手芸人(とかダウンタウンの松本とかも)の多くは、
結構ゲーム好きである。

漫画も好かれている。

だから、おれもゲームとか漫画が好きなのか?
(あこがれてんのちゃうん?)というと、
そうではない。


てか正反対。
真っ向から否定しよう。


・・・。





漫画はその完成度によっては
「おれも読んだりしなあかんなー」とか、
最近は思ってきている。

小学生んときは、キン肉マン、大好きだった。
どこに行くのも、キン消し入りかばん(300個とか)を持ち歩いていた。
こぶくろで。
ほんで、みんなに自慢してた。
半パン、ひざカサカサのくせに。

半パン、ひざカサカサのくせに、
身長130センチくらいしかなかったくせに、
漫画家になりたかった。

身長140になってから、言えや!
と。
思う。


えと、今、漫画を少し肯定する理由って、
漫画って、絵+ストーリーというシンプルな構成で、
絵をいかすためのよい方法だと思うから。
勉強のために、って感じ。

でも、数ある修行(勉強もこの中の1ジャンル。でも基本はアウトプットが重要だと思う。)
の中の1つであり、そんなに優先されるべきとは思わない。

なんか、基本的に漫画ってサムイと思うし。
登場キャラのコメントとか。


ゲームにいたっては、
基本、
「サイアク」。
「不要」。
と思う。

いるか?

なんでしてんの?

オンラインゲームとか
いま流行っているアバター?とか
恋愛ゲームとか

は、
(一緒にくくっていいんかな?)

原爆以来の

悪パンチ

やと思う。


もっと、力を入れて楽しむ?
育てる領域が、
誰にでもあるはずやと思う。


せやのに、
変な欲望をそそり、
ハマらせてしまう
誘惑。

=ゲーム(その辺のジャンルの)。

だと思う。

アヘン。


とかと何がちゃうねん?
と思う。


辛うじて
マリオカートとか、
桃鉄とか、

みたいな
「リアルのコミュニケーションを円滑にするスパイス」は
いいのかも、と思う。


今、
携帯の有料コンテンツで
伸びているジャンルが
いくつかあるけど、
ゲームってのがその一つ。



GREEとか、
うわさでは
その辺のニーズを
食い漁っているとか、
まだまだ漁ろうと鼻息が荒いとか、
現在では数少ない、
投資用の優良カンパニーなんだとか、
じゃないだとか。

うちの会社、
コンテンツを作るのが得意な会社。

携帯サイトにも強い会社。

だけど、
GREEみたいなんには
まったく興味ない。

てか、
それをするならば
もっと
「新人パパ向け、おむつ替えがんばってみようゲーム」(うんこってくさいけどなー)
「プロ野球選手にあこがれてみようゲーム(小学生限定。あこがれるんは自由。)」
「お母さんにありがとうって、言葉じゃなくても何かで伝えてみようゲーム」
「中小企業診断士を育てようゲーム」
とか、
やっぱ自分らしい人間としての
勉強とかを
笑いながらできる、
みたいなんがええかな。


あ、そ。

つまり、
ゲームって、
目標をまちがえさせやすい。

お金とかをはらって、
アバターに釣りのための
釣りざおを入手してやる、
とか、
異次元。

(おれには理解できない
天才ですか?)

で、めっちゃ大事な「思考」や
「時間」をとられる。
あ、金もか。


まさしく、アヘンやでーー。
⇒アヘンって?ウィッキーさん


ええと、
今さらやねんけど、

実際、
ゲームとか
携帯ゲームとか

やったことないんで、
ほんまのことはわかりません!