ハイエク 知識社会の自由主義(2)

1月 11th, 2010 @ 梶原 信次


ハイエク 知識社会の自由主義(2)

■池田信夫のハイエク「知識社会の自由主義」
つづき。

==社会主義との闘い==

知識人が左翼的なのは、世界的な傾向である。
彼らがある程度の合理的な知識をもち、自然科学によって自然が操作可能になったように、社会科学によって社会を合理的に操作できると思いがちなところからくる、バイアスだと推測される。

イギリスの科学誌「ネイチャー」は、「社会を科学的に組織する計画」を繰り返し特集した。多くの科学者が「資本主義の無政府性」を批判し、「国民を科学的に管理する」システムを提案した。

ミーゼスが計画経済の欠陥を論文にて明らかにした。
その主張は以下のようなものだ。

重要と供給の相互作用によって商品の価値が決まる。
ある企業が利益を上げているということは、その企業が効率的に生産しているこをと示す。
その場合、ほかの企業が参入して商品の供給が増え、価格が下がる。
このように価格と通じて消費者の評価が伝えられることによって、企業は正しい価格を計算することなしに知ることができる。

このメカニズムが機能するためには、財産権によって商品とその所有者が1対1に対応していることが不可欠なのだ。

財産権を否定する社会主義経済において、中央当局の計画で正しい資源配分を決めることは不可能である。

オスカー・ランゲは「社会主義の経済理論」を発表して反論した。
中央当局は価格を提示して各企業の需要と供給を集計し、それが一致するまで価格を動かせばよい。財産権がなくても、こうした「分権的社会主義」が可能であることは、新古典派経済学によっても証明されている。
(ただし、戦争のように目的関数がはっきり決まっていて変化しないときにのみ、有効だということが判明した。経済全体の目的は、このように一律になることはない。)

ポパーは、当時の分析哲学の主流であった「論理実証主義」を批判した。いかの多くの実験で正当性を検証しても、次の1回でそれが否定される可能性を排除できない、と。経験的事実から理論を「帰納」する手続きというのはありえない、ということである。

そしてポパーは、科学と非科学をわける基準として「反証可能性」を提唱した。

マイケル・ポラニーは、ポパーの追求するような「客観的知識」は人間の知的活動の氷山の一角であり、実際の科学は科学者の習慣や常識などの言葉にならない暗黙の個人的知識に支えられている、と主張した。

当時はこれを実証するデータがなかったのだが、最近の脳科学では、こうした感覚をつかさどる「辺縁系」と呼ばれる古い脳が、行動の基礎にあることが明らかにされている。

ハイエクは、新古典派の中心的なモデルである「完全競争」の前提として、次の3つの条件を提示する。

1.買い手や売り手が価格に影響を及ぼさない。
2.市場への参入が自由である。
3.すべての市場参加者が完全な知識をそなえている。

ハイエクが「計画主義」と呼んで批判したのは、社会主義と全体主義に共通する「社会を特定の目的のために動かす」という思想である。
ハイエクは制度設計を否定したわけではなく、むしろ晩年には法制度や議会制度などのルール設計について提言を行っていた。

つづく。。。ながーー。

Tags: