アンチ学歴?

2月 12th, 2009 @ 梶原 信次


ねりけし

東京大学。
いい響きである。

俺の先輩に、東京大学出身の人がいる。
最近、一緒に仕事をした人にも、いる。

俺は、「アンチ学歴/職歴」である。
おそらく。

ま、そうならざるを得なかったのである。

出身中学は廃校やし。
[大阪府枚方市立村野中学]

そのせいなのか、
多分まわりには、そこそこの「アホ」だと思われている。

ちゃうねん!

「俺は右脳が発達しているから、他人に伝わらへんだけやねん!」

と言ったところで、
火に油である。

だから今日はイヤらしくも、
「アンチ学歴」の数少ない客観情報から
俺は昔はアホではなかったことを証明してみよう。

【1】小学生時代

正直、かなり頭がよかった。勉強ができた。

日能研の模試で九州3位になったことがある。
(これが唯一の客観情報)

もしかすると、日能研の模試を受けていた人数は、
6人くらいだったのかもしれない。

【2】中学生時代

多分、ずっと学年で2位やった。
定期テストなんて、勉強しなくても点が取れた。

ただし、岡村っていう異常に頭のよいやつがいて、
そいつに常に平均点5点以上の差をつけられていた。

でも、そいつはめっちゃ眼が細かった。

京都大学からパナソニックの研究職となったらしい。

【3】高校受験

私立の併願で[関西創価]を受けた。
受験生は、内部生(=創価中学のやつ)か創価学会のやつばっかやった。

※もちろん、おれは創価学会とは全く縁がない。

受かった。
偏差値は69らしい。
かつ併願合格やし。もっと偏差値高いんちゃう?
なかなかよい、客観情報だ。

ちなみに公立は、四条畷か寝屋川を薦められていたが、
[香里丘高校]にした。

めっちゃ仲のよかった友達が、その高校に行くからだった。
学歴なんか、関係ないって思っていた。

【4】大学

高校から大学にかけては、本当に勉強ってことをしなかった。
遊ばなければ損、だと思っていた。

家から近く、なんだか就職がよいっていう噂があったので
[神戸芸術工科大学]
に決めた。
推薦で決まった。
色鉛筆で絵を描いただけだった。

偏差値なんて、あってないようなモンやけど、
やっぱかなり低い

【5】新卒就活

俺の時代は就職氷河期だったという
言い訳も付け加えておこう。

だが、NTTに内定を獲得する。

(ちなみにこの年、NTTは分離分割が行われ、
おれはNTT東日本の配属予定だった。
これがネックで、絶対関西から出たくなかったため、ける。
このとき、俺の携帯は関西デジタルフォン[安くて質が悪かった]だった。
「Docomoの携帯がタダでもらえるんちゃうか?」という
ものすごく魅惑的な予測があったにも関わらず、ける。
まさに、侍。)

本命・電通テック(アートディレクター職)は最終面接まで行く。

ただし大丸興業という会社の人事の人が、めっちゃいい人だったので、
その会社に決める。
(電通テックは、最終面接前に断る)

大手なんて、関係ないって思っていた。

とか言いつつ、大丸興業を1ヶ月で退職する。

【6】転職活動

まず、当時いた会社に隠れて転職活動をした際、
セガに受かる。
新規事業開発の部署。

その時には、当時いた会社との関係があり、
セガの内定を辞退する。

その後、再度転職活動をした際、
エイベックスSPディレクター、バンタン教務職に内定をもらう。

エイベックスに関しては、最後まで悩んだ。

結果、電通の営業局に決める。

どうでしょうか?
華々しい
言い訳の「アンチ学歴/職歴」の数々。

やっぱり俺は、アホなんだと思います。