固定金利で金を借りて、株と土地と外貨建て商品を買うな!

4月 20th, 2006 @ 梶原 信次

0


5年後にお金持ちになる「資産運用」入門 

っていう本の広告と

電車の中で遭遇した。



運の悪いことに。






おれにはよく分からない。

正直、ほんとうに興味がない。

が、昨年くらいなのだろうか。

日本でも資産運用が見直され、個人投資家が増えてきたのは。



おれも、知人や友人から質問されることが多くなった。

「カジくんも株やってんの?」ってな。



個人が、何か新しいものを生む企業の「その方針や商品」に

賛同すること。

そしてその個人の資産を投資することは、非常によいことやと思う。



そのおかげで株価が上昇し、日本経済も明るくなってきているんやから。

有用な事業が世に出るんやから。






「あの企業、なぜだか応援したくなるわ。」

「あの商品やサービスは絶対無くなって欲しくないから。」

「あいつ、ギャグはおもんないけど、ええ意気込みを持ってるから。」

とか、そんな理由。



本来、他企業の株を買う理由は、こうや。こうあるべきや。



実際、今の日本の株ブーム(ライブドアショックで少しは懲りたか?)は

どうや?



っつーか、「5年後にお金持ちになる『資産運用』入門」

そんな本が売れている状況、

おかしいやろ?



ようく考えてみましょう。

大丈夫、軽~い、マイルドセブンの1mmより軽い

そんなオレの脳みそでも

理解できる内容やねんから。






人間が知恵や勇気やアイデアを出して、

他人が喜ぶための「何か」を生み出す。

  ↓

その「何か」が実際に喜ばれ、

他人から「お金」という対価がもらえる。

  ↓

その「お金」を元手に、更に新しい「何か」を生み出そうとする。

更に喜ばしたろう、っていう前向きな意思。



※その「何か」はモノだけでなく、サービスなど無形のものも含まれる。

もちろん、笑いなど付加価値を生み出すための「ギャグ」なども含まれる。

  ↓

その「何か」を作るためには、非常に莫大なお金が必要となる、とする。

その場合はじめて企業は「株」を流通させ、市場から「お金」を集める。






おれの、

「企業と株」に対する認識は、ざっとそんな感じや。



ってか

以上だけや。

間違っていたら、バシガツッとクレームが欲しい。








分かるよな。



現在の「株と土地と外貨建て商品」を無為に流通させている

状態の「キモさ」が。



「他人を喜ばせるための商品やサービス」

を生み出すことなく、

「株を発行してお金を集めようとする」

ことは、絶対におかしいやろ?



社会の形成や成長に貢献せず、利益を集めようとする姿勢な。

おかしいやろ?

おかしいねん。






それに便乗し、株価の上下、もしくは土地の上下の

「差益(=利ざや)」だけで儲けようとする人たち。



そんな人たちも、おれから言わせると同罪や。





資本主義の仕組みの粗をついた、

合法的な詐欺やわな。多分。

こういうことを自信満々にしているやつらは。






何やろな?



もっと自分の能力をいかして、

何か、

自分らしい、

新しいものを生め!







一応フォローをすると、

金融関係で働く人たちが、

「一部のまっとうな人たちのために、金融商品をつくりあげ、

それらが流通しやすいように、促進活動や啓蒙をする」

ことは必要やと思う。



けども、変な欲望をあおるプロモーションはあかんよ。







おれは、本当に応援したい企業、

うちの会社の事業と相乗効果が見込まれる企業、

以外の株は持たない。



一生、持たない。



絶対に持たへんからな!










※「持ってくれ」と頼まれたことは、1度もない。





読んでくれてありがとう。

↓ 人気blogランキングへ