創作者の卵たちの民主主義

7月 23rd, 2005 @ 梶原 信次

0


オレが連れとともに会社をはじめようと決心したのは

今から5年前。



何もできない若造ながら、

心に秘めた希望と野望は、

南国育ちのムエタイ戦士以上のアツさを誇っていた。





今や各種オーディション番組や、投資番組が一般的と

なったため、

新鮮さこそなくなったが、



それらとは本質的に目的の違った

『創作者の卵たちの民主主義』構想を考えていた。





何やねんそれ?

宗教か?





半分ハズレで半分アタリである。





まず

言い古されたことだが、日本では物質的な豊かさはほぼ完全に

飽和されている。

自分の納得のいく「ブランド品」の購入だって

「ブランド品が醸し出す付加価値」を購入しており、

物質的なモノを購入しているわけではない。





このような傾向は、今後も更に急ピッチで加速される。





つまり、

モノ作り日本 ⇒ 面白く・かっこよく・感動させる日本

への転換自体も必要となってくるくらいの

大きな社会的な変化・進化だ。





そのような時代を迎えるに際し、

または『そのような時代を創っていく』に際し、



若い創作者の卵が

「生まれ、そして育つ」

社会的な体制が必要なのだ。





思想又は感情を創作的に表現して文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの

というのが、

著作権法が定義する「著作物」である。





この著作物=創作物をもっともっと世の中に増やすことが必要なのである。



それ以上に、それを作る「若い創作者の卵」を増やすことが必要なのである。



なぜなら、

創作者を目指す側にも「夢」が生まれれば、

創作物を見たり感じたりする側にも「夢」が生まれるからである。







だから、

『創作者の卵たちの民主主義』

が必要なのだ。





『創作者の卵たちの民主主義』

とは??





ひとことで言うと、

「文芸、学術、美術、音楽」を志す若者のための

「投資市場」の形成

のことである。





既にオリコン(株)が「ミュージックファンド」なるものを

創設しているが、それとは一切関係ない。

提唱している「エンタテイメント ファンド」という発想とも

似て非なるものである。





投資市場であるが、投資する側は

「利益が出そうだから投資する」

のではなく

「好きだから、もしくは応援してやりたいから投資する」

が正解だ。





一方、投資される側にもそれなりに、

「将来像を明確に描く」

ことが必要となる。

現在の活動だけでなく、

他人の心を動かす『将来ビジョン』。



つまり、

夢を実践させること、もっと先のビジョンを描くこと、

の両方が

投資される側にも必要となる。



ただ「将来ビッグになりたい」と叫ぶだけの

甘えた若者には、チャンスは訪れない。

動け!

おれらは少なくとも、動くきっかけを与えてやる。





大まかに説明すると

これが、

オレが5年前に考えていた

『創作者の卵たちの民主主義』システム。





久しぶりに思い出した現在は、

もう少し具体化され、

「文芸、学術、美術、音楽」各業界の企業をも

巻き込む構想を考えている。







目指すは社会システムの変革。



相当巨大な政治力が必要である。



求む!

若き力ある政治家各位。